女性から送付されてくる大半は怪しいメール

メール

女性からのメールが届いたからと言って喜ぶのは早いです。
出会い系サイトを登録しただけで、悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトになると大量のメールが自動的に返信されることがあります。
その数を見ていると錯覚を起こしてしまうのです。
「これほどたくさんの女性が自分に興味を示してくれるのか?」なんて思い込んでしまうから注意をしましょう。
特に女性との交際経験がない男性は注意してください。
そんなことは基本的にあり得ません。

出会い系サイトの場合は男性のシェアがとても多く全体の9割を締めると言われてます。
男性は女性に交際を求めてアプローチします。
だから女性から男性にわざわざ声をかけること自体がありえないことです。
こういった風に届くメールは大部分、いや全部がサクラの女性と思って間違いないでしょう。
なのに単純な男性は「女性は選び放題だ!」と勘違いします。
そして、メールに返事をしてどんどんとお金を使ってしまうようになります。
出会い系サイトを利用する場合は事前にサクラの知識をしっかりと調べておくことが大切です。
出会い系サイトに本当にいる女性は極めて少ないです。

サクラが混じっているから多く見えるだけにすぎません。
そういったトリックにダマされないようにしましょう。
有料の出会い系サイトに誘導するような文言の女性からのメールも来でしょう。
ですが、それも商売で仕事をしているサクラでしかありません。
安易に出会い系サイトを利用しないことです。
中にはまともな出会い系サイトもあるでしょうが全体の1割もないでしょう。
大手企業が運営しているところならば安心できるでしょう。

お見合いパーティーに参加してきました

■みんな真剣です

職場には恋愛対象となるような女性はおらず、普段の生活は会社と自宅の往復だけ、そんな毎日で新たな出会いなど起こり得るはずもありません。
年齢も30才を過ぎて、故郷の親からは「結婚はまだか」「早く孫の顔を見たい」とせっつかれる日々でした。
そこで思い切ってお見合いパーティーに参加することにしたんです。
私はイケメンではありませんがブ男というわけでもなくまったく平凡なルックスですし、仕事も普通のサラリーマンです。
何の特徴や取柄もない自分が結婚相手を見つけるとなると、こんなパーティがいいのかもしれないと思ったんです。
普通の見合いをするには多少抵抗がありましたし、パーティなら気軽な雰囲気で参加できるだろうと考えたからです。
でもパーティに参加して、そんな私の考えは大いに間違っていることに気付かされました。
というのも、参加者は男女ともにすごく真剣な人たちばかりだったからです。
実は私、親から結婚をせっつかれてはいますが、まだ結婚はあまり実感として考えていなかったからです。
だって「まだ」30才じゃないですか。
これからいろいろと結婚までにやりたいこともあるし、ひょっとすると「運命の女性」に出会えるかもしれないんですから。
そんな思いもあって、このお見合いパーティーには親への言い訳を兼ねて「とりあえず」参加しただけだったんです。
だから参加している人たちの真剣な姿を見ていると、自分のような考え方の人間が来ていることが申し訳なくなって…。
でも、もし真剣に結婚を考えている人なら、絶対にこういったパーティはおススメですよ。

SNSを活用していますか

■SNSの魅力

SNS、流行ってますよね。
FacebookやTwitter、mixiといったものがSNSとしてよく知られていますが、実際サイトに登録したという人も少なくないのではないでしょうか。
SNSサイトへの登録は指示に従えば簡単にできますし、誰でも使うことができます。
でも、登録したのはいいけれども今一つうまく活用できていない気がする、利用する必要性がなくそのまま放ってあるという人もいるのではありませんか。
せっかく登録したのに、そんな状態ではもったいない限りです。
SNSは、人と人のコミュニケーションのためのインターネット上のツールです。
うまく活用して、いろいろな人々とのコミュニケーションを楽しみましょう。
最近よく耳にするのか、SNSで昔の友人や同級生、長きに亘って音信不通だった人と連絡が取れたという話です。
また、サイトを利用して連絡先のわからなくなった同級生たちに連絡が取れて何十年ぶりかに同窓会を開催できたというものもあります。
SNSが取り持つのは、そんな昔の友人や知り合いだけではありません。
全く面識のない新しい人との交流が始められるのも、SNSの魅力です。
さまざまな人々とSNSを介して新たな関係を持つのも素晴らしいことです。
こんな大きな魅力を秘めたSNSを活用しなければ、もったいないと思いませんか。
ただし、知らない人と交流を持つ場合には、相手がどのような人物であるかをしっかりと見極める必要があるでしょう。
その点を注意すれば、SNSの可能性は無限に広がっていくはずです。

SNS上の人間関係

■「SNS疲れ」の現実

SNSを利用している人の数は、どんどん増加しています。
見知らぬ人をはじめ多くの人々と簡単にコミュニケーションが取れるツールとして、一気にたくさんの人の支持を得るようになりました。
しかしその反面、さまざまな弊害を生み出しているのも事実です。
その一つが、「SNS疲れ」です。
サイト内の日記にその日の自分の行動や考えを書き込み、それを見た人からコメントを貰う、それがSNSを利用する楽しみの一つです。
自分の書いた日記に対していろいろな人からコメントを貰うことが嬉しく、そうしてコミュニケーションの輪が広がっていくことに喜びを見出している人もたくさんいます。
けれども新しくコメントを貰うためには日記を頻繁に更新しなければなりませんし、またコメントをくれた人にはその人の日記を見てコメントを返すことも必要です。
この繰り返しにほとほと疲れを感じてしまうのが、「SNS疲れ」なのです。
ストレス解消や気分転換のためにSNSを利用していたのに、その行為自体が却ってストレスや負担になってしまうという悪循環を生み出してしまったのです。
これとは逆に、日記を書いても何かを発信しても反応がまったくなくて孤独を感じたり落ち込んだりする人も少なくありません。
現実社会とSNS上の「バーチャル」な人間関係を混同して、思い悩み精神的に追い詰められてしまうケースもあるのです。
そういったSNSの世界に疲れ果てた末にSNSを脱会して、現実の人間関係の大切さに気付く人もたくさんいます。
SNSに頼りっきりの人間関係を、今少し見直してみませんか。

Copyright(c) 2010 色々な出会いを探せるオススメサイト All Rights Reserved.